深く刻まれたほうれい線は美容外科で薄くしよう

ウーマン

波長の違いと効果

女性

肌のいろいろな症状を治したいときに便利なのがフォトフェイシャルです。東京にある美容外科でこの治療を受けるとシミやシワ、たるみや肌の衰えを改善することができるのです。レーザーとは違う効果を得られます。

もっと詳しく

いろんな治療に使える

注射

美容外科では眉間のシワにボトックス注射を使います。この注射をすることでアセチルコリンが抑制され筋肉の収縮が和らぐのです。その結果、眉間や額のシワが改善されます。また、ワキガの対策にも使われます。

もっと詳しく

なかなか消えないシワ

笑顔の女の人

疲れた顔や老けた顔によく見られるのがほうれい線です。このほうれい線は鼻の横から口元の辺りに伸びている大きなシワです。肌のたるみが原因でできてしまうこともあります。深く刻まれたほうれい線があるだけで、実年齢よりもかなり年上に見られてしまうでしょう。若々しい顔つきになりたいという場合や若さをキープしたいという場合はこのほうれい線の対策を行なうようにしましょう。美容成分を含んだ化粧品を使ってケアすることやマッサージでリフトアップをすることも対策として有効でしょう。しかし、それだけで改善されないというときもあります。加齢でコラーゲンが減少するとどうしても日頃のケアだけでは防ぐことができなくなってしまいます。そんなときは美容外科へ行ってほうれい線のための治療を受けるといいのです。

美容外科では大きく分けて3つの方法でほうれい線を改善することができます。手軽ですぐ行なえる方法が注射器を使って行なうというものです。ヒアルロン酸を溝の部分に注入することで膨らみが出て症状が和らぐでしょう。また、レーザーや超音波を照射するという方法もあります。レーザーや超音波は肌を活性化させてコラーゲンやエラスチンの生成を促してくれるのです。その結果、肌に膨らみが生まれます。最後は手術でリフトアップするというものです。肌を引っ張りあげてたるみを改善することでほうれい線を消すことができるでしょう。自分のほうれい線がどのような原因でできているのかを確かめて有効な方法を選びましょう。

肌を引き上げる

女医

ほうれい線を消したいときに有効なのがフェイスリフトです。大阪の美容皮膚科でこの治療を行なえば長い間その効果が持続できるでしょう。髪の毛に隠れる部分を縫合するので傷が目立ちません。

もっと詳しく